不動産用語

不動産用語集

Real Estate Glossary

お取引をスムーズに進めるために、知っていて損はしない不動産用語を集めました。

あ行

空家対策特別措置法
あきやたいさくとくべつそちほう

朽ち果てそうな空き家や適切な管理が行われていない空き家に対し、行政が所有者等へ改善を求める助言や指導、勧告、命令等の措置が出来る法律。
行政からの助言又は指導に応じない所有者の「空き家」は「特定空き家等」に指定され、土地の固定資産税の住宅用地特例が適用されなくなる。

移転登記
いてんとうき

所有権移転登記。売買や贈与、相続などによって、土地や建物の所有権が移転したときに行う登記。
売買での所有権移転登記を申請する場合は、売主と買主連名の登記申請書を提出する。

印紙税
いんしぜい

売買契約書や建築請負契約書、ローン利用時の契約書など、契約書を作成する際に収入印紙を貼り消印する形で納める税金。

居抜き
いぬき

店舗や工場などを、その内部の商品、設備、什器備品などを設置したままの状態で売買・賃貸すること。
反対語「スケルトン」。

か行

開発計画
かいはつけいかく

開発許可の申請に当たって必要となる計画を、広義には不動産開発事業の計画をいう。
不動産開発事業を行おうとする場合には、都市計画法による開発許可が必要。

既存宅地
きぞんたくち

都市計画法に基づく既存宅地確認の制度によるもの。その確認が受けられた土地のことを「既存宅地」と呼ぶ。

区分所有権
くぶんしょゆうけん

分譲マンションのように独立した各部分から構成されている建物を「区分所有建物」と呼び、区分所有権とは、この専有部分を所有する権利のことである。

景観法
けいかんほう

良好な景観の形成を促進するための施策を定めた法律。

建ぺい率
けんぺいりつ

建築面積を敷地面積で割った値のこと。建築する建物の建ぺい率の限度は、原則的には用途地域ごとに、都市計画によってあらかじめ指定されている。

さ行

災害危険区域
さいがいきけんくいき

津波、高潮、出水等による危険の著しい区域として指定された区域。

敷金
しききん

部屋を退去するときの原状回復(生活でできてしまった傷などを直す)費用として、入居前にあらかじめ払う準備金。

スケルトン
すけるとん

建物躯体のみの状態を表すことが多く、店舗の内装設備が無い状態。

相続税
そうぞくぜい

相続や遺言で遺産を受け継ぐ際にかかる税金。相続する金額によって税額も増減する。

た行

宅地造成
たくちぞうせい

切り土、盛り土などを施し、人が住むにふさわしい土地に慣らす工事。

建売住宅
たてうりじゅうたく

分譲宅地に建設された敷地とセットで売られる住宅。

つぼ

土地や建物の面積を測る単位。1坪おおよそ3.3平方メートル。

転貸借
てんたいしゃく

所有者から借りた物件を他者に貸し出すこと。また貸し。

登記記録
とうききろく

一筆(いっぴつ:土地を指す単位)の土地、または一個の建物ごとに作成される登記の記録のこと。

な行

内覧
ないらん

不動産物件を実地に見学・調査すること。「内見(ないけん)」と同義。

任意売却
にんいばいきゃく

住宅ローンや借入金等の返済が困難になった場合、競売による不動産の売却では現金化までに時間がかかるため、不動産会社の仲介により債権者・債務者の調整を行い、市場で担保不動産を売却すること。

農地
のうち

耕作の目的に供されている土地。

は行

旗竿地
はたざおち

袋地から延びる細い敷地で、道路(公道)に接するような土地をいう。
別名「敷延(しきえん)」とも呼ばれ、駐車が不便だったり建築コストがかかるなどデメリットも多く相場より安く取引されます。

ま行

みなし道路
みなしどうろ

幅が4m未満の道路であって、建築基準法第42条第2項の規定により、道路であるものと「みなす」ことにされた道路のこと。
「2項道路」と呼ばれることが多い。この道路に面している土地については、道路中心線から2m以内には建築ができない

棟上げ
むねあげ

棟木を納めること、もしくはそのときに行なう儀式のこと。無事建設されることを祈願する。

盛り土
もりど

傾斜のある土地の土砂を盛って平らにすること。

や行

家賃保証会社
やちんほしょうがいしゃ

賃貸住宅の契約時に必要な賃借人の連帯保証人を代行する会社。賃借人が家賃滞納などの家賃債務の債務不履行をした場合、賃借人に変わって家賃保証会社が代位弁済を賃貸人に行う。

容積率
ようせきりつ

延べ面積を敷地面積で割った値のこと。例えば、敷地面積が100平方メートル、その敷地上にある住宅の延べ面積が90平方メートルならば、この住宅の容積率は90%ということになる。

ら行

リノベーション
りのべーしょん

機能再生、価値再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した包括的な改修。

礼金
れいきん

不動産の賃貸借契約の締結の際に賃借人が賃貸人に対して支払うお金。

わ行

枠組壁工法
わくぐみかべこうほう

木材で組まれた枠組に構造用合板などを打ちつけた床および壁によって建物をつくる工法。使用する製材のうち最も多用されるものの断面が2インチ×4インチであることからツーバイフォー工法とも呼ばれる。

土地の相続・土地活用・価格査定など
土地の相談はプラム地所にお任せください。
無料相談会も行っておりますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。

0565-46-5288

営業時間 9:00 ~ 17:00

愛知県豊田市平戸橋町永和58番地2
愛知県知事(6)第16922号

0565-46-5288